南沢社長

あきゅらいずは、10種類の東洋ハーブから抽出した保湿エキスをたっぷりと配合し、素肌のままでいても自分に自信がもてる美肌をサポートしてくれるスキンケアブランドとして注目されています。

そして南沢典子さんは、あきゅらいずを販売している株式会社LIGUNAの代表、つまり社長を務めている方です。

南沢社長は常に、すっぴんであることでも有名です。

すっぴん肌を目指すあきゅらいずの社長が、自ら素肌で活動することで、あきゅらいずの良さをアピールしておられるのでしょう。すっぴん美人という言葉がぴったりの、とても魅力的な女性です。

あきゅらいずの会社が運営している森の食堂

株式会社LIGUNAは自社で、社員食堂・森の食堂を運営しており、玄米ご飯の一汁三菜メニューを基本としたヘルシーでおいしい料理を提供しており、家庭的な会社としても魅力が感じられます。

いつもすっぴんで気取らない南沢さんは、食堂のおばちゃんになって、社員におせっかいを焼きたかったと語っています。

朝ごはん抜きだったり、コンビニ食だったりするスタッフのことが心配だったのでしょう。

南沢さんは美肌作りには基礎化粧品だけでなく、食生活を始めとする日々の暮らしが大切と考えています。

森の食堂を始めてからスタッフの肌がつやつやしてきたのが、とても嬉しかったそうです。

森の食堂は残念ながら今はやっていません

こちらの社員食堂は一般ユーザーにも開放されていましたが、残念ながら2019年9月30日に閉店となりました。

森の食堂の再開を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

あきゅらいずの始まりとは?

女性写真

さて、話は変わりますが、南沢さんにはベストパートナーともいえる男性がいます。

その方の名前は、松本毅史さん。南沢さんと共にあきゅらいずを立ち上げた、創業メンバーです。

あきゅらいずは、もともとは別会社が企画していた化粧品ブランドでした。

その企画室に南沢さんが就職したことから、あきゅらいずがスタートします。

この企画室で出会ったのが、松本さんだったそうです。

松本さんは南沢さんと初めて出会ったときに、すごく透明感のある女性だ!と感じたと語っています。

まさに、あきゅらいずの未来を示すような第一印象。

南沢さんでなければ、あきゅらいずは実現しなかったのではないかと感じられるエピソードです。

しかし諸事情によって、その会社が企画から撤退することになり、南沢さんと松本さんがあきゅらいず事業を買い取ることになります。

ここからがあきゅらいずの本格始動となるのです。

南沢さんは外交的で活動的、とてもユニークな女性です。

嘘ばかりついてました 表紙

あきゅらいずの公式サイトにある漫画コンテンツ「嘘ばかりついてきました」では、彼女の半生やあきゅらいずがどのように会社として成長してきたのかが紹介されています。

>>あきゅらいずの『嘘ばかりついてました』はここから

また、松本さんの活躍や考え方についても、あきゅらいずの公式サイトの嘘ばかりついてきました外伝・伯爵伝説として漫画になっています。

こちらもぜひご一読を。

嘘ばかりついてきましたシリーズは、くすっと笑いながら、生き方について考えさせられると同時に、ビジネスについても学べる内容となっているので、働く女性にもおすすめのコンテンツです。

あきゅらいずでワクワクしてほしい

ゆい

ところで、女性の喜びの一つに美しくなることがありますよね。

美容院で髪の毛をセットしてもらったらウキウキしますし、新しい洋服を購入したら嬉しく感じます。

メイクアップをしてお気に入りの洋服を来ておしゃれをすると、ワクワクした気持ちが自然と湧いてきます。

おしゃれに対する考え方は、人によって異なるでしょう。

オシャレの価値観はひとそれぞれ

ブランド品が好きな方もいらっしゃれば、手作りの洋服を楽しんでいる方もいらっしゃるでしょうし、お気に入りのお店も人それぞれでしょう。

メイクに関する考え方も同様で、すっぴんは手抜きだと感じる方や、人と会うときノーメイクなのは失礼だと考えている方も少なくないはず。

しかし、すっぴんの南沢さんに出会った人の多くが、すっぴんって美しいんだと感動するといいます。

それは、南沢さんが生き生きとしていて、とても魅力的だからに違いありません。

南沢さんだけでなく、あきゅらいずのスタッフはすっぴんで出社されていて、みんな肌がつやつや。

透明感とハリのある素肌で働いていると評判です。

それは、自然体で生きる姿を見て、無駄な力が抜けていることを感じた周囲の人々に、やすらぎや活力を与えているからではないでしょうか。

メイクや洋服でおしゃれをするのは、女性の武装と表現されることもありますね。

私が感じたあきゅらいずとは?

yui

美しく装うことで自己アピールをするとともに、自分を守ろうとしている一面もあるのではないでしょうか。

私も48歳ですから、すっぴんになると目尻のシワや頬のシミなどを隠すことはできません。

しかし、自分の素肌が嫌いだという気にはならないのです。

シワは人生を重ねてきた証拠だからムリに隠さなくてもいいや、と思うのです。

それよりも、バランス良く食べて、体を動かし、あきゅらいずのシンプルなスキンケアを行っているうちに、顔のくすみが改善されて明るい素肌になってきた!という実感の方が大きいからです。

南沢さんのすっぴんの写真は、あきゅらいずの公式サイトでも紹介されています。

彼女の写真を見れば、すっぴんは決して手抜きではないんだなと感じられるのです。

スキンケアが生き方に密接にかかわっていることを感じさせてくれる化粧品ブランド、それがあきゅらいずではないでしょう。

>>あきゅらいずの口コミ

>>公式サイトはこちら